赤ちゃん肌になれるかな?

肌ケアをするうえで、目標は?と聞かれた場合、究極は“赤ちゃん肌”でしょう。
赤ちゃん肌は、ふっくらとして、保湿力はばっちりで、ツヤもあり、弾力は申し分ありません。
つるりとして、何よりもキレイ過ぎて、むきたての卵そのものです。
誰もが憧れる赤ちゃん肌、私もなれる?ということですが、回答としては、YESです。
赤ちゃん肌というのは、何のトラブルのない肌だと思ってください。
日焼けもしていない、シミもない、吹き出物もなく、栄養も満点に循環しています。
睡眠時間が多いから、というばかりではなく、毎日新陳代謝で肌そのものも成長しています。
その肌になりたいという方は当然多いですが、自分も赤ちゃんの時のような新陳代謝をするようにして、スキンケアを低刺激のものをつける、徹底して肌のための生活をすることで、赤ちゃん肌が実現するかもしれません。
もちろん食生活については、厳重にチェックし、決められた運動を行い、一日の行動も決められたものでしか行動することを守られたらの話です。
なんていうことではムリと諦めてしまうのは早いです。
少なくとも自分の肌に合うスキンケア製品を使い、規則正しい生活とバランスの良い食事と、良い生活習慣をすることで、かなり赤ちゃん肌に近づくことができます。
以前よりは、良い肌にする、昨日より今日、今日より明日と、老化の逆行、進行を遅らせることですることでも、赤ちゃん肌に近づくことができるでしょう。
このようなスキンケアをアンチエイジングと呼びますが、エイジング、老化を遅らすのが、赤ちゃんまで、戻れるか?
個人差が大きいといえるでしょう。