生活習慣編

肌ケアに良い生活習慣というと、肌に害のあるものから挙げてみましょう。
大体想像はつくと思いますが、まずはタバコ、お酒、日焼けです。
この3つはどうしても、肌にマイナスですが、お酒に関しては、コップいっぱいのビール、ちょっとしたお祝いの席でのワイン、なんていうのは、大丈夫。
しかし、愛煙家は、たった1本のタバコとかというのは、OKになりません。
日焼けに関しては、肌ケアを台無しにしてしまうとお考えください。
人間の肌は、太陽光に対して、防御作用として、メラニンを出して、太陽光から肌を守ります。
これがシミとなります。
また、太陽光を浴びた肌は、活性酸素のダメージを受けて、特別なスキンケアを必要とすることで、炎症を起こしたり、大変な騒ぎになってしまうのです。
それが子供なら、すぐに回復をしますが、年齢とともに回復力が遅れ、シミやシワの原因を自ら作っているようなものになります。
こうした生活習慣は、肌のためを思ったら、すべてやめるようにしてください。
良い生活習慣は、快眠・快便・快食の3本の柱に、運動とノンストレスが加わります。
そして、毎日肌のことを思うマッサージや肌に合うスキンケアを続けること。
これが何よりも大切なことになります。
ストレスに関しては、顔をしかめたくなるような大きなことでなくとも、心身共に止むように形の物が一つでもあることで、肌は不機嫌になります。
肌ケアのために、そのようなことを解決また、回避できるような時間を作ることも、肌ケアに対する大切な生活習慣になります。